さぽろぐ

  出産・子育て  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
イロドリ
イロドリ
言語聴覚士をしています、イロドリです。小児分野で活動しています。
自身の出産育児を通して、仕事での経験を通して、姿勢発達を大事にすることが、発音や食べる機能に密接に関係していることを実感しました。
少しでも育児に悩む方々のヒントになればと思っています。
よろしくお願いします。

2017年01月22日

まるく抱けばいいってもんじゃない

*ふわり子育て応援講座*
お問い合わせ

<発達編>
生まれてから歩くまでの発達を知る
発達する上で次の段階へ行くポイント
飛ばしてしまった場合の促しについて考える
など

<発音編>
コミュニケーションの育ち
発音を促す育児について
お口の発達を促す遊びについて
など

<離乳食・食べる機能編>
お口の機能からみる離乳食の進め方
お口の機能を促す育児について
困り感への対処法
など

<日常関わり編>
抱っこの仕方、寝かせ方、オムツの替え方など日常的なお世話で気をつけること
現在の発達段階にあった関わり方
子どもについて困っていること相談
など

料金
個別4000円
友達と誘い合わせ3500円
出張5000円

お問い合わせ
********************************************************


こんばんは(^^)

昨日まで胃腸炎にかかり
なんとか復活。


今日は
スカイプで勉強会でした。


新生児期からの発達について
理学療法士さんが
丁寧に講義してくださり

とても
勉強になりましたよ♪


さて
今日はその勉強会でも話題になったこと
「まあるく抱くのはいつまで?」

という話についてです。




生まれてすぐのベビーは
背骨がS字ではなく
C時であり
屈筋群が優位なので


手足がばらけないように
背骨や筋に無理がかからないように
抱っこすることが大切です。


でも
発達する上では

しなやかに体を使うことも大切となります。


だから
ずっと丸い姿勢がいいかと言われればそうではないのです。

うつ伏せ姿勢で体を使うときもあれば
横向き姿勢で体をねじることもあれば


その時の発達段階をしっかり知って
その時に必要な動きをしていくことが重要です。


そして
その時々に必要な動きをして頑張ったら
力を抜いて緩むことが大切。


大人でもそうですよね。
仕事で頑張って
家でも頑張ってたら


疲れなんて取れないですよね。

どこかで

はーっと息を吐いて
身を任せて
緩むときが必要ですよね?



ベビーにとっては
その緩むときが
抱っこなのかなって思います。


だから
まるく抱けばいいんでしょ?って
「まるくする」のではなくて


発達段階に合わせて
ベビーの要求に合わせて

抱き方を変えていく必要があるのですね。



だから
横抱き
カンガルー抱き
立て抱き
など

いろいろな方法があるわけです。


そして一番大事なのが


心構え。


まるく抱く方法を知っていても
抱っこの種類を知っていても


ベビーや子どもが身を預けられる抱っこではないと
子どもの体は緩みません。



安心して身を預けられる
体の力が抜けて
ホワホワと温かい体になる
体が赤く(ピンクに)なる
(本来、血流が良くて赤いから
赤ちゃんと言われています。)



しっかりと子どもの発達を見て

抱っこしている子どもの
表情
仕草
機嫌

を感じて

抱っこする。


これが
一番
大切なのではないでしょうか?

一度皆さんも考えてみてくださいね(^^)


と言っても
最初は一人では心細いこともあるかもしれません。

そんな時は一緒に考えてみませんか?

興味ありましたら
お問い合わせ
から
ご連絡くださいね!  


Posted by イロドリ at 01:11Comments(0)ブログ抱っこ

2017年01月09日

噛みつきの対処 *私的な意見なため悪しからず

*ふわり育て応援講座*
お問い合わせ

<発達編>
生まれてから歩くまでの発達を知る
発達する上で次の段階へ行くポイント
飛ばしてしまった場合の促しについて考える
など

<発音編>
コミュニケーションの育ち
発音を促す育児について
お口の発達を促す遊びについて
など

<離乳食・食べる機能編>
お口の機能からみる離乳食の進め方
お口の機能を促す育児について
困り感への対処法
など

<日常関わり編>
抱っこの仕方、寝かせ方、オムツの替え方など日常的なお世話で気をつけること
現在の発達段階にあった関わり方
子どもについて困っていること相談
など

料金
個別4000円
友達と誘い合わせ3500円
出張5000円

お問い合わせ
********************************************************



おはようございます(^^)


昨日は
とてものんびり過ごし
22時頃には就寝したおかげか

朝は一度3時前に目を覚まし
再度4時に目を覚ましたので

起きている次第です。笑

ロングスリーパーな私ですが
最近は早くに目が覚めます。笑



今日は
噛みつきについて記事にしてほしいと
要望をいただきましたので
私の意見を書いてみます
(あくまでも私の意見です。)



まず
噛みつきは
言葉が出始める頃に始まり
言葉で大人と対等に
お話しができるようになるまでの間に
多いように思います。



言葉が出始めて
伝えたいことがたくさんあるのに
うまく使えなくて
フラストレーションがたまる時期です。


噛みつきは
対子ども
対大人
どちらに対しても見られると思いますが


ちょうど言葉が出始めるころは
自我も芽生えるので
自我が芽生え始めた者同士の

子ども同士が多いように思います。



では
噛み付いてしまった場合どうすれば良いか。



まず大人は
発達の過程で
噛みつきはある程度見られるものと思って
少し余裕を持って接する必要があると思います。


でも
支援センターなどで
知らない子と遊んでいての噛みつきなど
焦りますよね。



そんな時は
余裕をかましている場合ではありません。
まず大人が相手に謝ります。


大好きなママ、パパが一生懸命謝っている姿を見て
悪いことをしたなと子どもは必ず思います。
それが
反省していないように見える態度でも、です。


自分が子どもの時どうでしたか?


実際悪いと思っていても
反省の態度を
素直に表せない時がありませんでしたか?

お子さんも同じです。



では
なぜ反省の態度を表せないか?


大人や相手にわかってもらえないことが
あったからだと思います。


噛み付くまでには
何か理由があるはずです。


例えば
遊んでいるおもちゃを取られたとか。

入られたくないスペースに入られたとか。

遊びを遮られたとか。




そして
その理由を信頼している大人(ママ、パパ)に
わかってもらえず
噛み付いた行動しか見てもらえなかったら。

受容してもらえなかったら。


拗ねちゃいませんか?
反抗したくなりませんか?


素直に反省の態度をあらわせませんよね。



なので
噛み付いた行動を見るのではなくて


何で噛み付いてしまったかを
しっかり理解してあげることが大事だと思います。


そして
大人が焦ってパニック気味にならないこと。
大人が焦ると子どもに伝わり
聞く耳を持てなくなります。


迅速にでも冷静に対処する気持ちが
大切だと思います。



話が若干ずれたので戻します。




子どもが噛み付いた時の対処として



相手の子どもや親にママやパパが謝る
=二次的トラブルの回避
(ここで可能なら
まだおもちゃ使いたかったんだ、ごめんね。など
子どもの気持ちを代弁して相手に伝える。)

子どもにおもちゃ取られて嫌だったね?など
理解しているよと声をかける

「噛みつかないで、使ってるよ!とか
やめて!って言葉で言うといいよ。」など
どうやって解決していくべきかを示してあげる。

(自分の子の名前)噛まれたら痛くない?
ママは痛いな。
(相手)ちゃんも痛かったと思うな。謝り行こう?
など声かけをする。
(実際に謝れるかは別として、謝ることは大事な事だと示す。)


ということが大切かと思います。

ついつい
怒りたくなりますが
怒ってしまうと
子どもが理解してもらえなかったという気持ちが
強くなってしまうように思います。


たま
理解しているよの声かけの前に
違うおもちゃがあるでしょ〜などのすり替えや

相手の親が「使ってたのにごめんね」と
謝ってくられたからといって

いいのいいの!うちが悪いんだから!
なんて言わないようにすること。

相手が謝ってくれたら
うちも噛み付いてごめんなさいと、
噛み付いたことを謝り
子どもを悪者にしないこと。


噛みつきも
言葉が増えてきて
言葉でしっかり伝られるようになると

減ってくると思います。


この時期は
大人は子どもを理解し
”言葉でどのように解決していくかを示してあげること”が
重要なのかと思いますよ(^^)



今日は
日常関わり編的な内容でした!


長くなりましたが
お読みいただきありがとうございます♪  


Posted by イロドリ at 06:29Comments(0)ブログ

2017年01月08日

初めてお読みになる方へ

こんにちは
言語聴覚士イロドリこと
三上 愛 です

ブログを読んでいただき
ありがとうございます✨

ブログをお読みになる際に
気を付けて頂きたいことを書いてみますね


このブログでは
『子ども目線の、子どもの気持ち良い育児』
をテーマにして書いています。

それは
私が今まで勉強してきた解剖学的な知識であったり
経験してきたことであったり
よく相談を受けることであったりと

自身の勉強、経験から
やっぱり姿勢運動発達は大事と思い
それを整理するために書いてます。


なので
私はこれがいいと思うよ~ということを
自由に書いています。


育児雑誌などに書いてあることとは違ったりするかもしれません。
(育児雑誌には商品を売りたいスポンサーがつきます。)


このブログを読んでいただいて
『こんな考え方もあるのね~』と

一つの考え方として
とらえていただいたらと思います。

寝かせ方や抱っこの仕方も載せますが
あくまで理想であり


急にこのブログの抱き方や寝かせ方をしても
赤ちゃんは嫌がってしまうこともあるかもしれません。


今までの寝かせ方や抱っこの仕方が悪かったと
自分を責めるのではなく

それは子どもがちゃんと嫌だと意思表示できる
素晴らしいこと✨
嫌なことを嫌って言える子なんだ!
と捉えると同時に

理想に近づけるためにはどうしたらいいかなと
お子さんに聞きながら
ブログで紹介している体を緩める遊びをしてみていください(^^)

すんなり受け入れてくれる赤ちゃんには
どんどん『あなたの気持ち良いは何ですか~?』と聞きながら
たくさん遊びをしてあげてくださいね!


と言うわけで
あまりまとまってませんが


一つの考え方としてとらえていただいて
後はお母さんが良いと思えたら実践していただければ良いし
あんまりだな~と思ったら
それはそれでいいと思います(^^)


それでは
よろしくお願いします。  


Posted by イロドリ at 14:40Comments(0)ブログ

2017年01月08日

メニューのご案内

こんにちは(^^)


穏やかなお天気の札幌です!


今年が始まり
1週間が経ちました♪

皆さんはいかがお過ごしですか?



今日は講座のご案内です(^^)






今まで
ふわりベビー講座として

ベビー中心に行ってきましたが


ベビーだけではなく
困っている皆さんに
私の今まで勉強してきたことを
お伝えできればと思い

講座のメニューを変更することにしました!


講座の名前は


*ふわり子育て応援講座*



私は言語聴覚士ではありますが

病院の外では医療行為はできませんので
(病院でも医師の指示のもとおこなっているのです。)

講座では

こうしてみたらどうかな?
こんな工夫もあるよ!
など

ポイントをお伝えして日常に役立てていただくということになります。


なので
私がしていることは

支援なんて大層なことではなく


本当に小さな応援。


でもその応援で
少しでも救われる親子がいるなら嬉しいなと思っています。



内容は
・発達編
・発音編
・離乳食・食べる機能編
・日常の関わり編

となっています!



発達編は
生まれてから歩くまでの発達を知る
発達する上で次の段階へ行くポイント
飛ばしてしまった場合の促しについて考える
など


発音編は
コミュニケーションの育ち
発音を促す育児について
お口の発達を促す遊びについて
など


離乳食・食べる機能編は
お口の機能からみる離乳食の進め方
お口の機能を促す育児について
困り感への対処法
など


日常関わり編は
抱っこの仕方、寝かせ方、オムツの替え方など日常的なお世話で気をつけること
現在の発達段階にあった関わり方
子どもについて困っていること相談
など


このような構成にしようと思います!


料金は今までと変わらず

個別4000円
友達と誘い合わせで3500円
出張5000円

といたします。


今までは漠然としていて
申し込みに踏み切れなかった方もいるかと思いますので


ぜひ
興味のあるものがありましたら
ご連絡ください♪


また
お子さんがいなくても
お子さんに関わる仕事をされている方は
お申し込み可能です!


ぜひ気軽にご連絡くださいね(^^)


お申し込みはこちら  


Posted by イロドリ at 14:21Comments(2)ブログセッション

2017年01月01日

謹賀新年 気持ちよいを考える

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします(^^)


札幌は比較的暖かい元日となりましたが
皆さんはどのようなお正月を過ごされているでしょうか?

私は早速
子どもとスキーへ行ってきました!


元旦でも結構
スキー場は人がたくさんいました!

短いお正月休みを満喫しようと思います♪



今日は一年の始まりということもありますし

今一度
心地よいってなんだろう?と考えてみようと思います(^^)



例えば

子どもを抱っこした時の揺れ方。


子どもが眠たくてぐずっています。
抱っこや抱っこ紐に入っているとして
ママやパパはどのように揺れていますか?




よく見かけるのは
ママやパパが膝をカクカク小刻みに曲げたり
体を上下に小刻みに揺する感じの揺れ方。

子どもからしてみると
縦揺れですね。


それに加え
体が密着出来ずに
子どもの体幹が崩れ不安定な状態

抱っこ紐だと子どもがぶら下がっている
頭が後ろにもたれアゴが上がっている状態




これで小刻みに縦揺れされたら
どうでしょうか?



まるで
フリーフォールの
中間の位置で


小刻みに上がったり下がったりしているような、、、

(画像はネットより)

しかも
アゴが上がった状態でそれをされたら
首が、、、



うーん、気持ちよいでしょうか?



それよりも
しっかりと身を預ける抱っこ
もたれかかれる抱っこ
抱っこ紐も工夫してできるだけ密着し
アゴも上がらない


ゆ〜らゆ〜ら
やさし〜く
ゆっく〜り



まるでハンモックの中で揺られているようなら?






皆さんは
どちらが気持ちよいでしょうか?


何事も
自分が子どもの立場なら?

そう考えると
気持ちよい探しのヒントになるのではないでしょうか?



抱っこのスキル
遊びのスキル
これらも大事ですが


まずは
どうしたら気持ちよいかな?と
お子さんの表情や反応をしっかり見て

自分ならどうされたいかなという
この視点を持つだけで

大きく変わってくると思いますよ(^^)




さぁ
今年も講座やっていきますよ!


皆さんの気持ちよい探しのお手伝いをさせてくださいね♪


講座メニューをリニューアルしようと思っています!
後日、お披露目させていただきますね(^^)
  


Posted by イロドリ at 22:37Comments(0)ブログ気持ちよい探し

2016年12月31日

本年はお世話になりました!

みなさん
こんにちは(^^)

年末いかがお過ごしですか?

本年は
たくさんの方に講座を受けていただき
様々な出会いがあり

実り多い1年となりました(^^)


講座にご参加くださったみなさん
ありがとうございました!


そして
ブログを楽しみにてくださる皆さん


拙い文章ではありますが
お読みいただきありがとうございます(^^)


来年は
もっと皆さんに
子どもと楽しく心地よい育児ができるように
お手伝いできればいいなと思います!


なので
メニューをテーマ別に分けて
申しこみしやすくなるようにと考えています!


年明けを楽しみにしていてください♪


では、皆様
よいお年をお迎えくださいね(^^)  


Posted by イロドリ at 11:08Comments(0)ブログ

2016年12月23日

子どもに触れる手のタッチ

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

ベビーが心地よい育児ってなんだろう?
ベビーが安心安全で心地よい抱っこや寝る姿勢って?
ベビーが健やかに発達するために大切なことは?
ベビーの時期の発達を飛ばしてはいけないって本当?
離乳食の進め方は?
発音を促す育児って?
専門職だけど、乳児期の発達について知りたい!

などなど、病院や保健センターに行くほどではないけれど、気になることがありますよね。
一緒に考えて少しでもママとベビーに寄り添えられたら嬉しいです(^^)

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複人数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

********************************************************

おはようございます(^^)

札幌は昨日と夜中でまたどか雪となりましたね!
3連休、お出かけ予定の方は
お気をつけくださいね。


さて今日は
抱っこやおむつ替え
その他
何気なく子どもに触れるときのタッチについて考えてみます。


皆さんは
好きな人や家族に
触れられるときに
どのように触れられたら

いやな気持ちにならず
安心できますか?



べたっと触れらる方がいい?
ふわっと暖かく触れられる方がいい?



私は
ふわっと暖かく触れられる方がいいです(^ ^)


そのふわっと暖かく触れるということを
先日私自身が体感してきましたので
お伝えしますね!






心と体は繋がっているという考えのもと
沖縄で整体院を開く
照喜名弘彦(テルキナヒロヒコ)さんのセミナーへ参加しました。


照喜名さんは
体が緩めば心も緩むし
心が緩めば体も緩む


と連動していることを重視しているため
ただお客様が寝て、照喜名さんが体の調整するだけでなく

ボディーワークで体の使い方や無駄な力のない動作など練習し
そのボディーワークにより自分に集中することを身につけ
思考まで良い方向へ導いてくれる施術をしている方です!
(プロ野球選手の個人トレーナーの経験もある、敏腕さ!)

私は昨年も照喜名さんのセミナーを受け
自分自身と向き合い
それまでなかなか決心つかなかった
ママたちに寄り添うためのこの活動を本格化させることができました。


そんな照喜名さんのセミナーはとても心地よいものなのですが
セミナーの中のワークであったのです。

ふわっと触れるワークが。




まず
合掌をしてみます。


その時に
右手と左手をぎゅーっとただくっつけてみてください。



どうですか?

反発感がありませんか?
肩に力が入りませんか?
なんか左手と右手が戦っている感じしませんか?


では次。

手の力を抜いて
手のひらは押すのではなくただ触れてるだけ。

そして
右の手のひらは左の手のひらを
左の手のひらは右の手のひらを
溶かすようなイメージをします。



じーっと

じーっと


溶かすようなイメージを味わって。


じーっと


じーっと



力を抜いて。。






そうすると
力が全然入ってないのに
密着する感じがありませんか?


手がくっついて離れない感じがしませんか?
じんわり温かくなりませんか?
一体化している感じしませんか?


皆さんは
お子さんを抱っこや触れるときは
どちらのタッチでしていますか?


子どもは肌で感じることが多いです。
肌で感じた記憶は大人になっても
潜在意識の中に残ります。


成長するにつれ困難なことに出会った時
潜在意識の中に
優しいタッチで抱っこされ触れられた記憶があると
守られてる安心感があり
頑張ることができるのです。


もちろん私も
毎回は難しいです。
やっぱり忙しい時はついつい
タッチなんて意識できませんしね。

でも
いつもはできなかもしれないけど
時間がある時にこのタッチで抱っこする
触れる時間が増えると


泣いたから抱っこ「してあげる」
抱っこしてと言われたから抱っこを「してあげる」
時間ないから担ぐようにガシッと掴んで抱っこ「する」


ではなく


泣いたらか寄り添うように抱っこを「したい」
抱っこと言われたら愛おしく抱っこ「したい」
時間ないからお願いママに協力してねと抱っこ「させて」


という気持ちに
変わっていき
イライラの減ってくるのではないでしょうか?



抱っこは
「するもの」「してあげるもの」ではなく
子どもと「一体化できる幸せな時間」
と気づけたセミナーでした(^^)


この感覚を掴みたい方いましたら
個別講座にお申し込みいただき
自由記載欄に
タッチを知りたいと書いてくださると
タッチについてを重視でお伝えもできますよ♪
(もちろんお友達とお誘い合わせもOKです!)


ご要望に応じて色々内容を変えられますので
気兼ねなくおしらせくださいね(^^)


お読みいただき
ありがとうございました!  


Posted by イロドリ at 07:17Comments(0)ブログ

2016年11月26日

改めまして自己紹介

こんばんは(^^)

言語聴覚士イロドリです。

なんとなく
ちゃんとした自己紹介をする機会を逃していましたので


今日改めて自己紹介をしたいと思います!







三上 愛

言語聴覚士(保育士免許所有)

北海道大学病院 リハビリテーション部・高次口腔医療センター

所属学会
日本言語聴覚士学会
日本口蓋裂学会
日本音声言語医学会

大学病院にて子どもの発音を中心に言語発達や摂食嚥下に関わる。また、小児分野だけでなく、成人の摂食嚥下障害、構音障害、失語症、高次脳機能障害、ガンリハ等、様々な分野にて業務を行っている。
子どもと関わる上でもっと知識を広げたいと、妊娠中に保育士試験を受験し取得。
出産を期にべびぃケアと出会い、歩くまでの発達が子どもの健やかな成長に関わることを知り、勉強を始める。言語聴覚士として携えた知識とべびぃケアから学んだ知識、独学で得た知識を融合させ、2016年から母親へ子ども視点の育児をお伝えする活動を本格的に開始。さらに、実家の会社での社会貢献事業の一環として、ふわりベビー講座をスタートさせた。



と、、、
かっこよく書いてみましたが、、、


元々言語聴覚士としての知識があり
ちょっとしたきっかけでここまで来れたというのが
本当のところです。


私は何もしていないけど
全ては子どもが教えてくれて
子どもに導かれて
この活動を始めた
というのが本音です(^^)


私も普通の母親です。

頭ではわかっていても
子どもについ感情的に怒ってしまうこともあるし

子どもが発することを拾ってあげる余裕がないこともあります。


でも
知っているのと知らないのとでは
子どのと接する上で
自分の余裕の幅が変わります。


私は子どもを産んでから
本当に孤独で
毎日が辛かったんです。


そんな時に出会ったのが
べびぃケアでした。


そこで
子どものことだけでなく
私自身のことも話せて

聞いてくれる人がいるということが
とても救いになりました。


病院に行くほどではないけれど
困っているママ、パパのお手伝いを少しでもできたら嬉しいなと思います。


子どもの関わり方や気持ちよい探しの仕方
発音を育む育児や
お口の機能からみる離乳食の進め方など

お友達の家に遊びに行って
お話を聞いてきちゃおー♪
くらいの気持ちで
いらして頂けたらと思います(^^)




平日は病院勤務ですし

子どもとの時間も大切にしていますので

どうしても
土曜日限定での講座となってしまいますが、、、

よろしければ
会いに来てください(^^)


お待ちしています♪


ふわりベビー講座→お問い合わせ

発音お話会→

  


Posted by イロドリ at 16:41Comments(0)ブログ自己紹介

2016年10月24日

親になること

こんばんは(^^)

今日は寒い1日でしたね。


車のタイヤを
冬タイヤに変えるか悩んでいるところです。


今日は
私の育児対する思いを書いてみます(^^)



子育ては常にいろんな大変さがあるので
この時期が一番大変ということではなく
常に大変さがアップデートされていきますよね!



もう少しで楽になるよ〜
なんて言葉は通り過ぎた人が言えることで

流れの中にいる人は
今が一番大変。


特に乳児期なんて
言葉で返してくれるわけでないし

日中は一人で心細いし

なんで子どもが泣いているかわからない。



なんてゆーか
ママ自身が心がつまっちゃって
涙が出てきちゃうなんてことも。



そんな時に
どんなことが姿勢運動発達にはより良いのか
育児グッズがいっぱいあるけど子どもの体に影響は無いのか
子どもの楽チンなことだったり
サインの受け取り方だったり
遊びでのコミュニケーションだったり

このブログを読んで
少しでも知ってるもらえると
心に余裕ができるお手伝いになるのかなって
思うのです。


決して
こうしてなくてはいけない!ってスタンスではなく
なるほど、こーゆーこともあるのねってスタンスです。



そして
このブログを少しでも参考にしてもらって
ママやパパが一生懸命
子どもとコミュニケーションをとって
子どもを一人の人間として尊重していると


意思表示がしっかりとでき
自己肯定感が高い子になっていくと
私は思っています。



私の子どもは4歳で
人見知りはありますが

快・不快はしっかり示してくれるし
自分はこうしたいってちゃんと言ってくれます。

ときには
私の矛盾をズバッと指摘します。


何でかとても頼れるのです。



子どもではなく
私のパートナー的存在です。
(私が頼りないだけ?笑)



旅行も2人でどこでも行くし
(この前の沖縄も子どもと二人旅でした♪)
学会にだって2人で行くし
温泉にだって2人で行きます(^^)
(大好きな焼肉も2人で行きます。笑)


とは言ってもかなりマイペースな子なので
大変なことは大変なのですが
子どもとして扱うことは一切していません。



それも
歩くまでの乳児期に
とにかく子どもの不快を取り除き
気持ち良いことを探して
しっかりコミュニケーションを取ってきたので


ここまで自立して
自己肯定感の高い子になったのかなって
私自身実感しています。


そして
同じように
姿勢運動発達を大事にして
気持ち良いを探し
コミュニケーションをしっかり取って育ててきたママたちのお子さんも


みんな自己肯定感が高くて
自分大好きで
芯のある子に育っているようです♪



気持ち良いを探すだけが全てではないと思いますが
そのコツを少し知っているだけで


育児がグッと広がるのではないかなって
思っています!


私も
気持ち良い探しをする育児に出会うまで
本当に孤独な戦いだったんです。


常に孤独で戦闘状態でした。笑


でも
気持ちよい探しをする育児に出会って
私が何かするのではなくて
全部子どもが教えてくれるんだ〜!
私は子どもに問いかけて
教えてくれたことに応えるだけでいいのね(^^)
どんどん教えてね♪


ってスタンスになりました!

それが今の関係をつくっているのかな思います。



なので
可愛く着飾るもよし!
いろいろなところに連れていくもよし!
ママ友と楽しく過ごすもよし!

そこへ
子どもはそれで気持ちよい?

これを一つ加えてみませんか?

この視点を一つ加えるだけで
その子の将来は
グッと広がると思います。



何を言いたいかよくわからなくなりましたが
私も気持ちを少しでも知っていただきたいと思いました!
お読みいただきありがとうございました(^^)


そして
こんな私でよければ
どうぞ気軽に会いに来てくださいね♪



*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*******************************************
  


Posted by イロドリ at 23:14Comments(0)ブログ

2016年10月10日

10月8日 ふわりベビー講座 終了

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

**********************************************


おはようございます。

10月8日にふわりベビー講座を行いました。




10カ月のお子さんと、ママがご参加くださりました♪


はいはいをたくさんする
ニコニコの可愛い子ちゃんでした(^^)


ママは観察力が高く
ブログを読んで勉強してくださっていたので
おーすごい!と感心するばかりでした。


お話しは
・離乳食
・今後の成長を促す遊び
・体の緩める手助け

を中心にお話しさせていただきました。


やはり皆さん
離乳食に関しては皆さん気になるようですね。


哺乳の反射が消える時期や
歯の生える時期は個人差が大きく


育児書を参考にしても
悩むことが多くあるようです。


講座では
お子さんに合わせて食事をアップしていくポイントを
お口の機能の視点からお話しできるかと思います。
また、その時期に大切にしたい食べるポイントもお話しできます♪

興味があればお問い合わせくださいね(^^)


では
3連休最後、よい休日を♪  


Posted by イロドリ at 10:25Comments(0)ブログセッション