さぽろぐ

  出産・子育て  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
イロドリ
イロドリ
言語聴覚士をしています、イロドリです。小児分野で活動しています。
自身の出産育児を通して、仕事での経験を通して、姿勢発達を大事にすることが、発音や食べる機能に密接に関係していることを実感しました。
少しでも育児に悩む方々のヒントになればと思っています。
よろしくお願いします。

2016年02月07日

楽チン姿勢をその子に合わせる

赤ちゃんの楽チン姿勢は
・背中のC字
・腕が内側に入る(肩が丸くなる)
・足が上がってカエルポーズ
・首の隙間を埋める首枕を入れる
でした。



でも
今まで平らなところで寝かせていた場合
丸くなるのが嫌な子もいるかもしれませんね。

本当は楽チン姿勢で寝た方が良いのに、、、
どうして、、、
今からやってももう遅いのかなぁ、、、

とお母さんは
心配になってしまうかも。




そんなときは
お子さんにどうしたら良いか
聞いちゃえば良いんです


あなたの楽チン姿勢は何なの~?
って(^^)


たとえば
首枕だけは嫌がらず入れてくれるなら
そこから始めてみる


とか

足だけ上げるのは嫌がらないなら
足の下にバスタオルを入れて高くしてあげるとか



逆に
足は上げたくないけど
上半身は丸くしても良いよ~ってなるかも


(足や上半身の高さ等もすべて
一人一人で違うので
お子さんに合わせて調整してあげてくださいね)



私たち大人も基本的な良い姿勢はあるけど
それぞれ違いますよね。

猫背もいれば(私。笑)
反り腰もいれば
O脚もいる

いろーんな姿勢の人がいます。



そしてその姿勢を理想に近づけるためには
少しずつ出来るところからやりませんか?





赤ちゃんも同じです!
少しずつやっていけばいいんです。






赤ちゃんは嫌なときは
泣いたり
顔をしかめたり
ほぇ~って泣きそうになったり
合図を送ってくれます。


逆に良いときは
何事も無いようにしていたり
ニコニコしていたり
声を出したり
活発に手足を動かしたりします


ちょっとしたことを
サインとして受け取り


赤ちゃんがそれなら良いよって
言ってくれる姿勢を探しながら
少しずつ楽チン姿勢に近づけていきましょう。




そしてお母さんは
黙って黙々とやるのではなくて


声に出して
これはどう~?
楽チン~?
どうしてほしい~?
って聞いてくださいね!




それだけで
コミュニケーションになりますよ!



お母さんがたくさん話しかけることで
ことばの発達にも
良い効果があります。


そして
お母さんがたくさん声をかけていると
赤ちゃんはしゃべれないけど
仕草や表情でたくさんお返事してくれます



とっても楽しい
コミュニケーションになりますよ~♪  


Posted by イロドリ at 16:58Comments(0)寝かせかた

2016年02月07日

頭の形

頭の形って
けっこう気になりますよね。

これ寝かせ方で
予防できるんです(^^)





赤ちゃんを平らなところで寝かせると
背骨のC字が崩れて
無理な姿勢になるので
体が歪み、向き癖がでます


そして
向き癖のため同じ方を向いて
毎回寝ていると

赤ちゃんの頭は柔らかいので
(骨と骨がまだ繋がっていないため)
すぐに変形します。




ではどうしたら良いか。





楽チン姿勢で寝かせてあげましょう(^^)
(楽チン姿勢や楽チン姿勢を取るための工夫の記事を見てくださいね♪)




でもでも

せっかく基本姿勢をとっても
いつも上向きで寝かせていると
いつも後頭部だけ圧がかかるので
絶壁になってしまいます。




なので寝かせる度に
上向き
横向き
斜め45度など
と向きを変えてあげましょう。


そうすると
同じところばかり圧がかからないので
頭の形は変形しにくくなります。

ちなみに横向きだとこんな感じになります



背中にタオルを丸めて
添わせてあげてくださいね!








中には
楽チン姿勢で寝かせても
向き癖のでる赤ちゃんもいます。



その場合は
ガーゼハンカチなどを結んで
ピンポン玉ほどの大きさの物を作り
いつも向く側の耳の後ろ辺りに
入れてあげてください。

そうすると
強制的に向けなくなりますよ。



寝かせ方を少し工夫するだけで
頭の歪みを予防できるなら
やってみても損は無いですね(^^)♪
  


Posted by イロドリ at 06:30Comments(0)寝かせかた

2016年02月06日

楽チン姿勢を取るための工夫

基本姿勢を取るための工夫として
イメージが付きやすいように写真を載せます。

授乳クッションを使用して







授乳クッションの下側にバスタオルやクッションなどを入れて
足が上がるようにしてあげてくださいね。

首の所にいれてるタオルは
赤ちゃんの首の隙間を埋めるために使用しています。
赤ちゃんに合わせて大きさを変えてあげてくださいね!

よく
『授乳クッションに寝かせると良いと聞いてやったけど
なんかずり落ちちゃうし授乳クッション大きすぎてやめた~』
と聞きます。

お母さん、それポイントずれてます。

授乳クッションが大事なのではなくて
赤ちゃんの姿勢が大事なのです。

だから姿勢を守れれば
授乳クッションじゃなくても良いのです。

たとえば
バスタオルを丸めても良いし





長座布団を折ってもいいし






大きめのビーズクッションだと
まん中を少し凹ませてそのままのせれば
簡単には楽チン姿勢が作れます。

ポイントは
・背中のC字
・腕が内側に入る(肩が丸くなる)
・足が上がってカエルポーズ
・首の隙間を埋める首枕を入れる
これがおさえられてれば
あとは何を使っても良いのではないでしょうか。


腕の下にフェイスタオルを入れるだけでも
肩が中に入るので簡単にできますよ





赤ちゃんを固い床に
バスタオル一枚引いただけのとこに寝かせるのだけは
やめてくださいね!

赤ちゃんは物ではありませんよ。

自分が寝るなら
固い床よりも
柔らかいふかふかのお布団の上の方が
気持ち良いですよね(^^)

自分ならどうしてほしいかなって
つねにその視線を持って
接してあげてくださいね♪  


Posted by イロドリ at 16:57Comments(0)寝かせかた

2016年02月06日

赤ちゃんの楽チン姿勢

赤ちゃんの背骨がC字になっていることは
前回の記事で書きました。

背骨以外はどうしてあげるのがよいのでしょうか。

赤ちゃんは
屈筋群が優位なので
腕を縮めて
足も曲げているのが
楽チンな姿勢です。

いわゆる
胎児の姿勢を
とってあげるのが良いのですね。

背中は丸く
腕は胸の前で合わさり
足はお腹の方に近づけたカエルポーズ


抱っこしてればニコニコなのに
おろすと泣くというのは

楽チン姿勢が崩れるから
という可能性もあるのですね。

だから
おろすときも
胎児姿勢を保てるように置くと
機嫌良く遊んでくれるかもしれませんね。


ネットには
おひなまきや
授乳クッションに寝かせると良い
という情報もあるので参考にしてみると良いかもしれませんね。  


Posted by イロドリ at 15:55Comments(0)寝かせかた