さぽろぐ

  出産・子育て  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
イロドリ
イロドリ
言語聴覚士をしています、イロドリです。小児分野で活動しています。
自身の出産育児を通して、仕事での経験を通して、姿勢発達を大事にすることが、発音や食べる機能に密接に関係していることを実感しました。
少しでも育児に悩む方々のヒントになればと思っています。
よろしくお願いします。

2016年01月01日

赤ちゃんのサインを受けとろう

こんにちは

イロドリです。


私がこのblogを書くにあたり
皆さんに一番大事にしてほしいこと。

それは
赤ちゃんのサインをキャッチすること

泣く、笑うは皆さんキャッチできますよね♪

けれど
微妙な表情やしぐさも赤ちゃんのこうしてほしいが詰まっているんですよ(^^)

これをキャッチできるようになることで
ことばを発さない赤ちゃんとのコミュニケーションを取ることが上手になっていくし
育児もグンと楽しくなりますface01

たとえば
●床に寝かせたら泣きはしないけど眉間にシワを寄せて足を頑張ってあげてる。大変そう。。
→床が固いかな?膝の下にクッション入れて足を高くできるようにしたら楽かな?
●ベビーカーに載せると足をバンパーに乗せて行儀悪い。。
→足高くした姿勢がいいのかな?
●おむつ替えの時いつも蹴られる。足癖悪いな~
→蹴る遊びがしたいのかな?おむつ変えたら遊ぼうか?
などなど。

ほんとに赤ちゃんのする表情やしぐさって
ことばがしゃべれないからそこに全部がつまっているんですね。
無駄がない。
だから私はムダ泣きはないと思っています。
必ず何かのサインと思っています。



私の場合、姿勢発達を知る前は
このサインを全然読み取れず、何となく流してしまってたのですよね。

でも、姿勢発達を知ってからは
こうしてほしいのね~とサインをキャッチし
それならこれはどう?こんな遊びはいかが?と
コミュニケーションが上手になりました。

主張の強い我が子は
私のすることに対し「違うわよ!」とでも言うかのように泣きはじめ
ゴメンヨ~違うのね~これはどう?
とアタフタすることもありましたが。笑
(それはそれは主張の強い子で要求と私のすることが少しでも違うと泣いてました~笑)


皆さんも
赤ちゃんが発するサインをキャッチして
楽しくコミュニケーションを取ってくださいね(^^)
  

Posted by イロドリ at 20:36Comments(0)ブログ