さぽろぐ

  出産・子育て  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
イロドリ
イロドリ
言語聴覚士をしています、イロドリです。小児分野で活動しています。
自身の出産育児を通して、仕事での経験を通して、姿勢発達を大事にすることが、発音や食べる機能に密接に関係していることを実感しました。
少しでも育児に悩む方々のヒントになればと思っています。
よろしくお願いします。

2016年10月25日

発音のこと①

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*******************************************

こんばんは♪

札幌は雪虫がたくさん飛んでいますね!


今日は子どもが水疱瘡にかかってから1週間経ち
かさぶたになってきたので
小児科へ行って登園許可の意見書を書いてもらってきました!
(無事登園可能です♪パチパチ)

そのため
仕事を早退したので
時間に余裕もあり

タイヤ交換をしました。

今週末
遠出する予定があったので
ちょうど良かったです(^^)



今日は
発音のことについて書いていきますね♪


発音(話すこと)は
人間特有の機能であり


難しい言葉で言うと
『高次脳機能』と呼ばれます。


より高次な脳の機能
そのままなんですが。


この高次脳機能は
言語や感情のコントロール
記憶や思考など
人間特有のものになります。


この高次脳機能が発達するためには
本能的な部分の脳が発達が必要になってくるのです。
(本能的な部分:感情、運動、呼吸、心拍など生命に関わる部分*かなり簡単に言ってます。)


だから
ベビーが一人で歩き始める(本能的な運動の発達が進む)と
言葉(高次脳機能の発達)が出始めるのですね!


なので
言葉(発音を含む)の発達を上手に促すためにも
歩くまでの運動発達を飛ばさないで
しっかり脳へ刺激を入れることが大事になるのですね(^^)


ベビーの時期の脳の発達は
いろいろなものに触れたり舐めたり
姿勢運動発達を大事に大事に育むことで
行われていきます。



首が座ったからといって
バ○ボやクッションで固めて座らせたりしてしまうと
自分で体を動かして座っているのでなくさせられている状態です。
目線が変わるので最初はニコニコしていますがだんだん辛くなり
泣いて嫌がり不快です。

不快になっても
自分の意思で動く(移動する)こともできず
腰やお尻の筋肉が使えないのに
無理に支えなくていけないので固まってしまう

すると体がうまく使えなくなり
ズリバイやハイハイをしない可能性が出てきます。

これでは
脳の発達にはあまり良くなさそうですよね。。




抱っこは
体が反らない
背骨が側湾しない
ベビーが楽チンで力を抜けて
自由に手足を動かして
体をねじったりしなくても周りが見れて
安心で安全な抱っこがより良い発達を促しそうですよね♪



ずりばいやはいはいは
脳の発達や
原始反射の統合(反射が隠れること)にも
とても重要な動きなので


つかまり立ちを先にして
ずりばいやはいはいの時期が少ない
というよりも

環境を整えて
た〜くさん
ずりばいやはいはいをした方が
より良い発達を促されるのではないかと思います♪


歩くまでの発達を大事にすることで
高次脳機能に含まれる
言語機能(発音)の発達を促されることを知っておくと


抱っこの仕方や
使用する育児グッズ
育児の環境調整の工夫
発達を促す遊びなど


ちょっと気にしてみようかなって
思えるかもしれませんね(^^)


発音を育むことはしゃべり始めてから始まるのではなく
生まれた時から始まっているのですよ(^^)


頭の片隅に入れておいてもらえると
嬉しいです♪


今日もお読みいただきありがとうございました!  


Posted by イロドリ at 22:28Comments(0)発音

2016年10月24日

親になること

こんばんは(^^)

今日は寒い1日でしたね。


車のタイヤを
冬タイヤに変えるか悩んでいるところです。


今日は
私の育児対する思いを書いてみます(^^)



子育ては常にいろんな大変さがあるので
この時期が一番大変ということではなく
常に大変さがアップデートされていきますよね!



もう少しで楽になるよ〜
なんて言葉は通り過ぎた人が言えることで

流れの中にいる人は
今が一番大変。


特に乳児期なんて
言葉で返してくれるわけでないし

日中は一人で心細いし

なんで子どもが泣いているかわからない。



なんてゆーか
ママ自身が心がつまっちゃって
涙が出てきちゃうなんてことも。



そんな時に
どんなことが姿勢運動発達にはより良いのか
育児グッズがいっぱいあるけど子どもの体に影響は無いのか
子どもの楽チンなことだったり
サインの受け取り方だったり
遊びでのコミュニケーションだったり

このブログを読んで
少しでも知ってるもらえると
心に余裕ができるお手伝いになるのかなって
思うのです。


決して
こうしてなくてはいけない!ってスタンスではなく
なるほど、こーゆーこともあるのねってスタンスです。



そして
このブログを少しでも参考にしてもらって
ママやパパが一生懸命
子どもとコミュニケーションをとって
子どもを一人の人間として尊重していると


意思表示がしっかりとでき
自己肯定感が高い子になっていくと
私は思っています。



私の子どもは4歳で
人見知りはありますが

快・不快はしっかり示してくれるし
自分はこうしたいってちゃんと言ってくれます。

ときには
私の矛盾をズバッと指摘します。


何でかとても頼れるのです。



子どもではなく
私のパートナー的存在です。
(私が頼りないだけ?笑)



旅行も2人でどこでも行くし
(この前の沖縄も子どもと二人旅でした♪)
学会にだって2人で行くし
温泉にだって2人で行きます(^^)
(大好きな焼肉も2人で行きます。笑)


とは言ってもかなりマイペースな子なので
大変なことは大変なのですが
子どもとして扱うことは一切していません。



それも
歩くまでの乳児期に
とにかく子どもの不快を取り除き
気持ち良いことを探して
しっかりコミュニケーションを取ってきたので


ここまで自立して
自己肯定感の高い子になったのかなって
私自身実感しています。


そして
同じように
姿勢運動発達を大事にして
気持ち良いを探し
コミュニケーションをしっかり取って育ててきたママたちのお子さんも


みんな自己肯定感が高くて
自分大好きで
芯のある子に育っているようです♪



気持ち良いを探すだけが全てではないと思いますが
そのコツを少し知っているだけで


育児がグッと広がるのではないかなって
思っています!


私も
気持ち良い探しをする育児に出会うまで
本当に孤独な戦いだったんです。


常に孤独で戦闘状態でした。笑


でも
気持ちよい探しをする育児に出会って
私が何かするのではなくて
全部子どもが教えてくれるんだ〜!
私は子どもに問いかけて
教えてくれたことに応えるだけでいいのね(^^)
どんどん教えてね♪


ってスタンスになりました!

それが今の関係をつくっているのかな思います。



なので
可愛く着飾るもよし!
いろいろなところに連れていくもよし!
ママ友と楽しく過ごすもよし!

そこへ
子どもはそれで気持ちよい?

これを一つ加えてみませんか?

この視点を一つ加えるだけで
その子の将来は
グッと広がると思います。



何を言いたいかよくわからなくなりましたが
私も気持ちを少しでも知っていただきたいと思いました!
お読みいただきありがとうございました(^^)


そして
こんな私でよければ
どうぞ気軽に会いに来てくださいね♪



*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*******************************************
  


Posted by イロドリ at 23:14Comments(0)ブログ

2016年10月22日

赤ちゃんの時から育てるお口の機能⑤

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*************************************************

こんにんは(^^)

札幌はあいにくのお天気ですが
土曜日いかがお過ごしですか?



今日は
お口の機能について

幼児さん、児童さんでも楽しくできるお口の体操を
お話しますね


発音も食べる機能も
顔、口、舌の筋肉で行っています!
(細かく言うと、首の筋肉や呼吸など、全身とも繋がっています。)


なので、
顔、口、舌の筋肉を日頃から動かすことが大切です。


そして、
発音や食べる機能は
それらの筋肉を絶妙な細かい動きで動かします。


絶妙な細かい動きをするためには
最大限力一杯動かすことを知っていることが大切です。


なので
遊びの中で大きく最大限に動かすことを意識してみると良いですね♪


あえて時間をとってやろうと思うと
子どもが嫌がったり
大人も負担になることがありますので


歯磨きの後
鏡を見ながらでもいいし

ご飯の前に
やってもいいし


何かのついでに行うと
やりやすいかもしれませんね(^^)


そして
無理強いをしない。

まずは大人が
楽しくやっているところを見せてあげて
それにのってくれればラッキー♪
ぐらいの気持ちで行ってみてください(^^)




・変顔遊び
鏡を見ながら思いっきり変な顔をしてみましょう♪

顔をくしゃっとしたり
目をパッと開いたり
困った顔
怒った顔
笑った顔

などなど
たーくさんお顔を動かします。

意外と動かすことが少ないので
動かしていくうちに顔がほぐれて
大人も気持ちよくなってきますよ♪



・あいうべ体操
youtubeで検索すると出てきますが
大きいお口で「あー」
横に大きく口を引いて「いー」
思いっきり突き出して「うー」
思いっきりベロを出して「ベー」

これをするだけで
お口を舌を思いっきり動かすことができます♪

そして
お口を閉じている時の
舌の位置が正しい位置へ戻るので
いびきや睡眠時無呼吸にも良いと
言われているようです。

二重顎にも効きます♪




・しっかりお口を閉じる運動
あーと大きく開けた後
んっ口をしっかり噤みます。
上と下の唇としっかりくっつけて閉じることが大事です。


口を噤んだ後
お鼻でしっかり呼吸するよ〜と声をかけることで
鼻呼吸を促すことも可能です。


少しお行儀悪いですが
アイスのヘラやストローを唇だけで(歯で噛まない)くわえて
どのくらい加えていられるかを競争すると
遊び感覚で口を閉じ鼻呼吸の練習になったりもします(^^)

上手に唇でくわえられるようになったら
くわえているヘラやストローを揺らしたりして
いたずらすると
お子さんはさらに喜んで落ちないように頑張ってくれます♪






口がいつも開いているんです。。って相談を受けることがあります。
そのような子は大きく動かすことも苦手だったりすることが多いように思います。


大きく動かして
しっかり筋肉が使えるようになると
さらにかわいく、イケメンなお子さんになるかもしれませんね♪


大人も一緒に楽しみながらやってみてはいかがでしょう?



最後までお読みいただき
ありがとうございました♪

  


Posted by イロドリ at 13:21Comments(0)口腔機能

2016年10月21日

赤ちゃんの時から育てるお口の機能④

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*******************************************


こんばんは♪
今週も1週間が終わりましたね!

今週は
子どもが水疱瘡にかかり
じぃじに預けてのお仕事だったり
休むために患者さんを調整したり

家族や職場の人に助けられた1週間でした。



今日は
お口の機能を育てるマッサージをご紹介します(^^)


最近感じることが多いのは
顔の表情が乏しかったり
上唇が跳ね上がり富士山みたいな形の口で
ぽかんと開いている子がいるなと
思います。


発音も食べることも
ざっくり言うと
筋肉の動きで行われるので

口や舌の筋肉や
顔の筋肉が動くほうが

より良さそうですよね♪


マッサージで
より動きやすい筋肉を促していきましょう。


マッサージと言っても
相手はベビー。

ベビーの筋肉はガラス細工のように繊細です。


ホイップクリームをつぶさないくらいの
とーっても優しい力で行ってくださいね。


そして必ず
ベビーが「そこは触ってもいいよ!」と
許可してくれたところのみ

フエ〜って泣きそうになったり
不快な顔をした時は

やめてくださいね(^^)


そこはいいよ〜♪ってところを探してあげてください(^^)



まずは
顔を優しく包んで緩めましょう



じわーっとベビーの顔が緩むイメージ。
ホイップクリームを優しく包み込むイメージで。

ベビーにどうですか?と聞いてみてくださいね。


富士山口やぽかんお口には
唇のマッサージがおすすめです



鼻の下に手を当てて伸ばします
皮膚をこするのではなく
指をぴったり当てて筋肉を伸ばすイメージ

下唇も同じです。
唇の下に指をぴったり当てて
筋肉を伸ばすイメージ


あとは唇を優しくつまんでマッサージ




力は本当に優しくです(^^)


嫌がったらすぐやめてくださいね♪


歯と唇の間(口腔前庭)に
指を入れて
唇を伸ばすように
優しく持ち上げるのも良いです。

唇の裏の真ん中には
スジがあるので
唇を上下左右の4つに分けて行うと

安全にできますよ



(絵心なくてすいません。笑)


お子さんの
ご機嫌の良い時に

コミュニケーションとして
行ってみてはいかがでしょうか?


触っていいかい?
気持ち良いかい?

この言葉を
忘れずに(^^)


大きいお子さんとも
ぜひやってみて
コミュニケーションを取ってくださいね♪



今日もお読みいただきありがとうございました(^^)  


Posted by イロドリ at 17:54Comments(0)口腔機能

2016年10月15日

ふわりベビー講座終了

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*******************************************

みなさんこんにちは(^^)
日差しが気持ちよい札幌です♪

今日はふわりベビー講座でした。

もうすぐ5か月の男の子と
ママが参加してくださりました(^^)




お土産も頂きありがとうございます!
とても嬉しいです♪

参加してくださったのは

とても穏やかな男の子と
よくお話かけをされているママでした。

ママはちゃんと
どうですか?とお伺いを立てていました(^^)


体を緩める遊び
離乳食の開始のサイン
離乳食の進め方のサイン
抱っこのポイント
抱っこ紐について

主にこのポイントをお話させていただきました。


とても勘のよいママさんで
抱っこも少しポイントをおさえるだけで
上手に抱っこされていました。



抱っこしたり
遊んだりしているうちに
ベビーの体が緩んで暖かく
力が抜けてきていました。


とっても可愛いベビーに癒され
私も一緒に力が抜けてしまいました。笑


ご参加くださりありがとうございました!


ふわりベビー講座は
基本土曜日でお受けしています。


興味ありましたら
お問い合わせください(^^)  


Posted by イロドリ at 12:26Comments(0)セッション

2016年10月13日

赤ちゃんの時から育てる口の機能③

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

*********************************************



こんばんは(^^)

我が家では暖房を入れるようになりました。


私は腹巻が必需品となっています。
お腹が冷えると
首が寝違えたように痛くなることが多く

体って繋がってるなぁって感じます。
(私だけですかね?笑)

口の機能となると
口ばかり目がいってしまいますが

実は
全身からも繋がっていて

姿勢とも関連があるし
肩甲帯や首とも関係があるし

もちろん
顔面の表情筋とも関係あります。


口の機能を育てるには
ベビーがその時「自分で」できる運動を一つ一つ
大事にする必要がありますね(^^)


首が座ったからといって
バ○ボや大人がさせるお座り
坐骨に体重が乗る縦抱っこや
歩行器は

なるべく避けたほうが良いと考えています。


どうしても使わなくてはいけない時は
使った後に
体を緩める遊びをたくさんしてあげくださいね♪


では
今日は
口の機能を育てるポイントを一つ
お伝えします。



<おもちゃをたくさん舐める、口に入れる>
手をたっぷりなめて
運動発達も進み
手が自由に動かせるようになると

おもちゃを持って口に持ってくるようになります。


この時に
ビニールなどの誤って飲み込んで
気管等に張り付きやすいものや
丸呑みしやすく詰まる小さいものなどの
危険なもの以外であれば


寛大な気持ちで
たくさん舐めさせてあげてほしいなと思います。


柔らかい、かたい、微妙なかたさ
ツルツル、ザラザラ、ツブツブ
小さい、大きい
丸い、角がある
冷たい、常温
などなど

いろんな感触のものが
口に入ってくることに慣れていきます。

その中で
唇で捉える練習になったり
舌の表面、先、側面がおもちゃに当たり
舌の運動の促進になったり


いろいろな
情報が脳へ伝わります


そうすることで
哺乳反射が消えていき
離乳食の準備が始まっていくのです。


いろいろな
おもちゃを舐めたり
時には噛んだりすることで

離乳食の時に
苦手な食感が減らせるかもしれませんね(^^)


また
ベビーは自分で
その時に口に入れたい
かたさや感触のおもちゃを
選んでいるようなのです。


なので
むげに
これはダメ、あれはダメとしてしまわず

上手に食べる準備を始めているのねー♪
気持ちに余裕を持ってみると



ベロベロ舐めるのも
楽しみな気持ちで
見守れるかもしれませんね(^^)


ベロベロになるはちょっと嫌なんだけど
ここは
お口の機能を育てると思い
すこーし我慢してみませんか?(^^)

もちろん
大切なものは
手の届かないところへ
隠しちゃいましょう♪

今日も
お読みいただきありがとうございました♪
  


Posted by イロドリ at 20:18Comments(0)口腔機能

2016年10月12日

赤ちゃんの時から育てる口の機能②

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

***********************************************


こんばんは(^^)


寒い日が続いていますね。
子どもたちは体調を崩しやすい季節になりました。

皆さん
どうぞ、お子さん、ご自身ともにご自愛ください(^^)


今日は


の続きをお話ししますね♪

乳児期から意識して行いたいことを書いてみます。


<『できるだけ』母乳にて育てること>
哺乳瓶はかなり研究され、おっぱいに近い硬さや吸う力が必要になってきているようです。
しかし、やっぱりおっぱいに比べ、唇でしっかり捉え、舌でしごく力は弱いように思います。
哺乳瓶と混合で育てている場合
直母にすることで、お口の力がつくと思ったら少し回数を増やそうかなと思えるもしれませんね(^^)
また、いろいろな事情があり母乳が一切困難な場合もあります。
その場合は、おっぱいに近い哺乳瓶てどれだろうと調べてみるとよいかもしれません。
母乳を推進している助産師さんなどは
かなり研究されている方もいるようです。
探してみると良いもしれません(^^)

*母乳がうまいくいかない時に*
授乳姿勢が大きく関わることもあるようです。
頭だけおっぱいのほうを見て身体が上を向いている
ねじれた上になっていないか
ベビーの首根っこを掴んでおっぱいに押し付けていないか
確認してみるといいですね(^ ^)


<ベビーが自分の手をしっかり舐めたり、しゃぶる>
おっぱいの次に口に入れるようになるものが自分の手です
単に手をしゃぶるだけですが
手の大きさ、指の細さ、皮膚の柔らかさ、関節や爪のかたさ
いろいろな情報を知ることになり
そのかたさに慣れていきます。
乳首以外のものが口に入ることに慣れる第一歩となります。

さらに
手と口の距離感や
口に入れるまでの手の持って行き方なども学習します。

手は、舐められた感触、歯茎に当たった感触、しゃぶられた感触が
わかるようになります。

口と手から脳へ情報が伝わるので
脳の発達にも良いです。


顔をひっかいちゃうからといって
ミトンをしてしまうと
それができないので
爪をヤスリで削ってあげて
できるだけ手を舐めたりしゃぶったりできると良いですね(^^)


長くなってしまうので
お口の機能については
何回に分けて書きたいと思います♪


お読みいただきありがとうございました(^^)  


Posted by イロドリ at 19:22Comments(0)口腔機能

2016年10月10日

10月8日 ふわりベビー講座 終了

*言語聴覚士イロドリによる*
〜ふわりベビー講座〜

個別講座:4000円
出張講座:5000円(交通費、駐車場代込み)
複数講座:一人3500円 *お友達とお誘い合わせでの講座
講演・勉強会:要相談、お一人からでも勉強会実施可能です

下記より必要事項を明記しお問い合わせ下さい
お問い合わせ

**********************************************


おはようございます。

10月8日にふわりベビー講座を行いました。




10カ月のお子さんと、ママがご参加くださりました♪


はいはいをたくさんする
ニコニコの可愛い子ちゃんでした(^^)


ママは観察力が高く
ブログを読んで勉強してくださっていたので
おーすごい!と感心するばかりでした。


お話しは
・離乳食
・今後の成長を促す遊び
・体の緩める手助け

を中心にお話しさせていただきました。


やはり皆さん
離乳食に関しては皆さん気になるようですね。


哺乳の反射が消える時期や
歯の生える時期は個人差が大きく


育児書を参考にしても
悩むことが多くあるようです。


講座では
お子さんに合わせて食事をアップしていくポイントを
お口の機能の視点からお話しできるかと思います。
また、その時期に大切にしたい食べるポイントもお話しできます♪

興味があればお問い合わせくださいね(^^)


では
3連休最後、よい休日を♪  


Posted by イロドリ at 10:25Comments(0)ブログセッション