さぽろぐ

  出産・子育て  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
イロドリ
イロドリ
言語聴覚士をしています、イロドリです。小児分野で活動しています。
自身の出産育児を通して、仕事での経験を通して、姿勢発達を大事にすることが、発音や食べる機能に密接に関係していることを実感しました。
少しでも育児に悩む方々のヒントになればと思っています。
よろしくお願いします。

2017年01月22日

まるく抱けばいいってもんじゃない

*ふわり子育て応援講座*
お問い合わせ

<発達編>
生まれてから歩くまでの発達を知る
発達する上で次の段階へ行くポイント
飛ばしてしまった場合の促しについて考える
など

<発音編>
コミュニケーションの育ち
発音を促す育児について
お口の発達を促す遊びについて
など

<離乳食・食べる機能編>
お口の機能からみる離乳食の進め方
お口の機能を促す育児について
困り感への対処法
など

<日常関わり編>
抱っこの仕方、寝かせ方、オムツの替え方など日常的なお世話で気をつけること
現在の発達段階にあった関わり方
子どもについて困っていること相談
など

(これらに当てはまらなくてもその時にあったお話をさせていただきます。)
お問い合わせ
********************************************************


こんばんは(^^)

昨日まで胃腸炎にかかり
なんとか復活。


今日は
スカイプで勉強会でした。


新生児期からの発達について
理学療法士さんが
丁寧に講義してくださり

とても
勉強になりましたよ♪


さて
今日はその勉強会でも話題になったこと
「まあるく抱くのはいつまで?」

という話についてです。




生まれてすぐのベビーは
背骨がS字ではなく
C時であり
屈筋群が優位なので


手足がばらけないように
背骨や筋に無理がかからないように
抱っこすることが大切です。


でも
発達する上では

しなやかに体を使うことも大切となります。


だから
ずっと丸い姿勢がいいかと言われればそうではないのです。

うつ伏せ姿勢で体を使うときもあれば
横向き姿勢で体をねじることもあれば


その時の発達段階をしっかり知って
その時に必要な動きをしていくことが重要です。


そして
その時々に必要な動きをして頑張ったら
力を抜いて緩むことが大切。


大人でもそうですよね。
仕事で頑張って
家でも頑張ってたら


疲れなんて取れないですよね。

どこかで

はーっと息を吐いて
身を任せて
緩むときが必要ですよね?



ベビーにとっては
その緩むときが
抱っこなのかなって思います。


だから
まるく抱けばいいんでしょ?って
「まるくする」のではなくて


発達段階に合わせて
ベビーの要求に合わせて

抱き方を変えていく必要があるのですね。



だから
横抱き
カンガルー抱き
立て抱き
など

いろいろな方法があるわけです。


そして一番大事なのが


心構え。


まるく抱く方法を知っていても
抱っこの種類を知っていても


ベビーや子どもが身を預けられる抱っこではないと
子どもの体は緩みません。



安心して身を預けられる
体の力が抜けて
ホワホワと温かい体になる
体が赤く(ピンクに)なる
(本来、血流が良くて赤いから
赤ちゃんと言われています。)



しっかりと子どもの発達を見て

抱っこしている子どもの
表情
仕草
機嫌

を感じて

抱っこする。


これが
一番
大切なのではないでしょうか?

一度皆さんも考えてみてくださいね(^^)


と言っても
最初は一人では心細いこともあるかもしれません。

そんな時は一緒に考えてみませんか?

興味ありましたら
お問い合わせ
から
ご連絡くださいね!


同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
ふわり子育て応援講座でした!
身体調和支援・基礎 前期 学んできました!
今日の空
育児が苦手です
4月8日 ふわり子育て応援講座
いろいろな考えを取り入れる
同じカテゴリー(ブログ)の記事
 ふわり子育て応援講座でした! (2017-05-27 15:25)
 初めてお読みになる方へ (2017-05-27 15:13)
 平成29年度メニュー (2017-05-27 15:11)
 身体調和支援・基礎 前期 学んできました! (2017-05-22 16:44)
 今日の空 (2017-04-21 06:51)
 全身は繋がっている (2017-04-17 20:39)

この記事へのコメント
はじめまして。赤ちゃんの事を調べていて、このブログにたどり着きました。

初めての育児で分からない事がたくさんあるので、とても勉強になります><ノ

発達の事で質問なのですが・・・
うちの子は、ずりはいからハイハイに変化したばかりで、お座りもまだな段階なのですが、
コタツ布団を手がかりにコタツ台に手をついて、つかまり膝立ちをし始めました@@;
台の上に何があるのか気になるようです。
ハイハイが上達して、お座りできるようになるまで、つかまり膝立ちしないように気を付けた方が良いでしょうか・・・?

応援講座もとても参加してみたいのですが、関西在住なので残念ながら行けそうにありません;;
関西で講演の機会があれば是非・・・!
Posted by ここあ at 2017年01月23日 17:35
こんばんは(^^)コメントありがとうございます!
つかまり膝たちなんですね!ちょこっとならいいですが、そこからさらに立とうとしたり、移動する場合は、できるだけつかまり立ちできない環境にしてあげるのも、一つの方法ですね(^^)
ですが、住まいの事情だったり、家族の事情だったり、いろいろあり難しいこともあると思います。そんな時は、少し飛ばしているなというのを頭の片隅にちょろっと入れておいて、頑張ってつかまり膝たちをした後に、肩甲帯や背中、お尻などを緩めるような遊びをしてあげてください!遊びはブログにも載っていますので、参考にしてみてくださいね♪
Posted by イロドリイロドリ at 2017年01月23日 21:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
まるく抱けばいいってもんじゃない
    コメント(2)